遊牧写民

心に残った日常を一枚の写真に

人生初

のストーブではない(笑)。 ギックリ腰をやってしまった(泣)。 灯油ポリタンクを持ち上げた際やったようで、 その直後は何ともなかった。 給油後帰宅して、家でくつろいでいて さて立ち上がろうという時に 「アレ?」 腰に違和感が・・・。 「あ・・・、…

あっという間の1日×365

あと少しで11月も終わり、 残り1月で1年の締めくくりとなる。 毎年思うことだけど、1年という月日があっという間に過ぎていく。 最近、娘が 「1週間があっという間。」 と言ったことがあった。 「いやいや、この歳になると1日があっという間だから。」 と話…

日々の営み

毎日の営みをきちんと、当たり前にできて、 そういう生活に価値を置いてる人を自分は尊敬するなぁ。 なぜなら、自分はそういう面がやや欠けている。 物欲刺激や 行動刺激を求めがちなので、 日々の営みをきちんきちんと 当たり前にこなすことに喜びを見いだ…

FUJIFILM instax mini Evo に対する苦悩

最近はすっかり自転車ブログと化している当ブログ。 でも、個人的には 「写真」を中心としたブログだという認識をしている(汗)。 日常の中で心に残った一瞬を カメラ(最近はスマホばっかりだけど)で納めて それを載せてるつもり。 スマホ写真が中心とな…

心拍数の計測

ロードバイクを始めた頃から、 心拍数というものに少し興味があった。 当時はまだ、自転車に乗りながら心拍数を知るには、 走る前に心拍計を胸にベルトでつけなければならず、 しかも心拍計を濡らさないといけない、 心拍計の値段もお高い等、 諸々面倒くさ…

ケツ痛問題、終ケツか? Prologo Dimension TRI T4.0

すみません、タイトルがオヤジっぽくて。 以前、Selle italia SP-01 を導入した記事を書いた。 漕ぎだした瞬間に、あ、これダメ・・・と思った。 SP-01の独特の形状によるしなりを期待したのだが、 自分には合わなかった。 おかげで形状の方向性としては全く…

ガウガウ!その2

FUJI XF10 今朝、早速近しい人に自分が感じていることを話してみた。 彼も同じ事を思っていたという。 (↑ おい! そう思ったら動こうよ) 彼が日程を組む係なので、 来年からうまく日程を組み直そうということになった。 よしよし、そう来なくっちゃ。 時間…

ガウガウ!!

FUJI XF10 毎年この時期モヤる仕事がある。 簡単にいってしまえば、サービス残業が当たり前になっている業務。 勤務時間外なのに、それを行うことが当たり前になっていて、 誰も何も言わない。 予定より時間がオーバーしても 当然、加算されない。 おかしい…

止まらない妄想の数々

FUJI XF10 昨日の続きで移住計画を妄想中(笑)。 暮らしぶりを考える。 平屋には 自転車整備ができるように3畳ほどの土間スペースが欲しいな。 壁に自転車を掛けておいて整備するときに床に下ろす。 冬は土間にも灯油ストーブが必要かもね。 トヨトミかアラ…

移住したい

昨日行ったこの街がとても素敵で、 定年退職をしたら、 いや、できたら定年を待たずに移住したい。 食べ物、街の雰囲気や景観、全てが素晴らしい。 坂が多いのは仕方が無いので、 E-BIKEを購入するかレンタルしよう。 でもってマウンテンバイクデビューする…

某所の銀杏並木にて

家族でお出かけ。 銀杏の色づきが丁度良い具合で良かった。 満足度高し。

暗黒の季節突入に当たっての設備投資

自分が住んでる地域の冬は、 晴天率が高く雪も全く降らず、 降雪地域にお住まいの自転車乗りの方からすると きっととてもうらやましいと思われる。 そういう意味では冬だからといって 雪で動けなくなることは無いのだが、 ところがどっこい、 空っ風が轟々と…

スマホをいかに見ないでいられるか

FUJI XF10 目が痛い。 とんでもなく痛い。慢性的に痛い。 かなりマズい。 スマホ画面から出るブルーライトが 眼球の奥を焼いているかのような痛み。 ホント、良くない。 自宅でスマホをいかに見ないか。 最近の最大のテーマである。 あのビルゲイツやスティ…

路地裏好き

こういう路地がある街って素敵だな。 路地裏って、生活に根ざした小径って感じで のんびりぷらぷらと歩きたくなってしまう。 実際ここも歩いたんだけどね。

一日の終わりに

今日もバタバタな一日だった。 疲れたし、早く帰宅しようとも思ったのだが、 何となく最後まで残って職場の戸締まりをして出た。 朝あれだけ吹き荒れていた雨は上がって、 路面は乾き始めてた。 帰りの車中にふと見上げると、 三日月に照らされた雲が明るく…

私が自転車にハマる10の理由

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由」 お題に乗って書いてみよう。 1:機械類、金属類が好き。 他に金属カメラとか、オートバイとか・・・。 自転車、特にロードバイクはその機能美に惹かれる。 そして、カーボンでも無く、アルミでも無く…

1年での変化

FUJI XF10 はてなブログから、「1年前の投稿を振り返りませんか」という メールが届いた。 それで1年前の投稿を見てみると、丁度ブログを再開した頃だった。 当初は、フィルム写真についての記事がほとんどだった。 が、コロナで外へ出られない事の反動から …

Morning Ride

朝7時にいつもの海に到着。 無風だし、天気は良いし、最高です。 で、やってみたかった新しい(?)ことを実行。 ソロコーヒーセットを持って行ってコーヒーを淹れて飲むこと。 若い頃からオフロードバイクで 山へ行って野宿したりデイキャンプしたりしてた…

再会 パート2

FUJI XF10 不思議なことに昨日に引き続き、 古い?知り合いに偶然出会った。 「○○さん?(←自分の名前)」 呼ぶ声がしてそちらを見たら、当時と変わらない彼がいた。 以前、自分は出向していたときがあって、 そこで知り合った人。まあ、当時の同僚。 もとも…

逆境でいかに過ごすか

FUJI XF10 以前同じ職場で働いていた若者が、昼間ひょっこり顔を出してくれた。 復帰できると言う。 それを聞いて 「頑張ったね、本当によく頑張った・・・!」 と彼の体を思わずつかんで揺すってしまった。 目から心なしか汗をかいており、 彼の目からも汗…

愛知県豊橋市二川町

FUJI XF10 二川宿本陣資料館を始め、昔の街並みが感じられる素敵な街。 自宅から車で1時間ちょいで行けるので、 ドライブがてら行くには丁度良い距離。 近くの神社でお参りして、 カフェでお茶して、写真を撮りながら街をブラブラ。 天気も良くて良い気分転…

Selle italia SP-01

calamitaから続くケツ痛問題。 気になっていたSelle italia SP-01 に換えてみた。 形状はとても変わった形で、 見ての通り真ん中で左右に分かれ、 それぞれがコの字形になっている。 要は足の動きでしなる作りらしい。 衝撃吸収性が良い、とのレビューがあっ…

フライデーナイトライド

(帰宅中の車内で) ♪ ふらいでー ないとお~ フンフンフフン ♪ さあて、仕事も無理矢理終えたし、 帰ったら何しよっかなあ~ そうだ!自転車に乗ろう! (↑全然「そうだ」じゃない 笑) 帰宅後、ソッコーで夕飯をかきこみ、 支度をして自宅を出る。久しぶり…

職場に新規導入PCが来た

FUJI XF10 職場のPCが新しくなった。 いやー、こういうガジェット系の物って 新しい物はワクワクするね。 仕事がはかどっちゃうなー。 なんて思って使っていくうちに、 「・・・ア、アレ?」 何だか動作が重い・・・。 動きが固まり、 「あーっ!!フリーズ…

もう冬ですか!?

数少ない日照ポイントにて ーーーーーーーーーーーーーー 久しぶりのダムコース。 6時に走り出す。 うはっ!? さ、さ、さ、さ、さっむぅっーーーーー!! 考えてみたら、 夏は日陰で涼しい=冬は日陰で寒い 訳で、 しかも標高が高いし朝早いのだから尚更。 予報…

褒められるということ

FUJI XF10 「○○なのは、本当に皆さんのお陰なんですよ。」 自分の職種について褒められたのは 本当に久しぶりだった。 褒めてくださったのは外部の方で、 全国をあちこち飛び回り、 我々の仕事をよく知ってくださっている方。 あながち嘘でも無いのだろう。 …

次の土日までのお楽しみ

日曜日が終わろうとしている。 明日はまた新しい週の始まり。 今週末は天候の判断が難しくて 自転車には乗れなかった。 新しい事をしてみたかったんだけど··· それは次の土日までのお楽しみ。 それまで何とか一週間を乗り切ろう。 おやすみなさい。

My Favorite Things 『坂道のアポロン』

FUJI XF10 アマゾンプライムビデオで映画『坂道のアポロン』を観た。 www.youtube.com 始めに原作漫画にハマり、 次にアニメ化されてさらにハマってサウンドトラックCDを買った。 www.youtube.com それまでJAZZを聴いていて 何となくオシャレで心地よい音楽…

人を傷つけても自分の夢を

自分の夢を実現する好機のために人との約束を破るか、 そのチャンスを捨てても約束を守ろうとするのか、 ある意味究極の選択。 そこには人それぞれの背景があるし その時の状況にもよるから どちらを選ぶことが良い選択なのかは分からないし、 正解はないの…

母の会釈

FUJI XF10 コンビニのレジ前で 自分と同じように 会計をしようとしていた母娘と一瞬目が合い、 言葉は交わさなかったけれど、 「お先にどうぞ。」と お互いに譲り合った。 ほんの少しの間が生まれたが、 自分の方がレジに若干遠かったので 母が会釈し、先に…