遊牧写民

ジテンシャ時々フィルムカメラ

憧れの人

f:id:taclsynritk:20210909230530j:plain

FUJI XF10

↑ 迫力のダム放流。

ーーーーーーーーーーーー

 

随分前のこと。

自転車雑誌に82歳のトライアスリートが載っていた。

 

半ページにどーんと

ロードバイクを駆る姿が映っており、

その表情は嬉々として若々しかった。

 

「凄い!」「格好いい!」と思い、

「自分も82歳まで自転車に乗ってみよう!」

という目標が出来た。

 

 

あれから何年か経ち、

その目標が実はものすごく高いハードルであることを

少しずつ理解し始めている。

 

毎年の人間ドックはオールクリーンで通ってはいるが、

諸々の運動能力の低下は実感し始めており、

自分の父親がロードバイクに乗っているのと

ほぼ同じ事を考えると、

こりゃあ、とんでもないことだわ・・・

と実感させられている。

 

と同時に、

あの方は今どうされているのだろうか・・・

とも時折思っていて、

流石にもう自転車を降りているかもしれないと思っていた。

 

 

数日前、ネット上でその姿を見つけた。

 

tarzanweb.jp

「あの人だっ!!

 『89歳のトライアスリート』・・・!?

 え?・・・

 ええっ!?」

 

 

もうね、感服です。

あの頃からまださらに先を走っていらっしゃる。

しかも、週に1,2回は60~100キロの自主練って・・・。

すげえ・・・。

目標のハードルがさらに上がってしまった・・・(苦笑)

 

 

ま、まあ、できるだけ近づこうって事で・・・。